もう三日坊主は卒業!6つのステップで目標達成へとみちびく『目標設定プランナー』


これまで、叶えたいと思ってたてた目標のうち、どのくらい実際に達成できましたか?

「今年こそは○○する!」

と決めたにもかかわらず、3日坊主。めんどうくさくなってどうでも良くなって、達成できなくて「私って意志の力が弱いのかな。。。」とか自分を責めたりしていませんか?

実はそれはあなたの意思の強さとは関係ないです。

目標をただ「○○をする!」と宣言するだけでは、達成する確立はほんのわずか。今日は、思考法と戦略的な計画術を駆使して目標達成を容易にする目標設定術をご紹介します。

なぜ目標を設定することが大切なの?

会社の年間の経営計画書を見たことがありますか?会社の経営においては単に『この金額をこの時期までに稼ぐ』という目標を立てるだけでは、その金額を達成できるかどうかはわからないですよね。実際にどんな事業計画があってどのようにしてその金額に達成するのか、とても綿密に計画されているからこそ、その目標に達成する確立が高くなるのです。

でも、これが個人の目標となると、なかなかここまで大掛かりな計画書を作る人はいない。

さらに、これまでは「勉強する」「スポーツでスキルを身につける」「仕事で実績を積み重ねる」など、ある程度頑張って努力を重ねれば結果がでるタイプの目標が多かったのではないでしょうか?

そういった努力型の目標に対して必要なアクションは「頑張る」ことです。目標達成にたいしてそういうイメージを持っていると、「目標が達成できなかったのは、自分の頑張りが足りなかったためだ」と解釈しがち。

しかし、多様性が求められる現在において、計画も何もなしにただ『頑張る』だけの目標達成のやりかたでは通用しないことのほうが多くなっています。

どんなに目標を作ってもなかなか長続きせずに途中であきらめてしまう。

大きな目標はあるけど、そこにどうやって到達すればいいのかがわからない。

そんな方に活用して欲しいのが、『目標設定プランナー』。

『目標達成プランナー』は頭の中にある「こうなれたらいいな」をしっかりカタチにしてプランニングできる思考型・戦略型ツール。 6つのステップに沿って、実際に目標を建て、頭の中にあるアイデアを整理し、スケジュールに落とし込むまでを無理なくできるようになっています。

これを使うと、 もっと計画的に目標に対してのプランをたてることができて、頑張らなくても目標に向かって行動できるようになります。

『目標設定プランナー』 を無料でダウンロード

私たちの脳はやんちゃな子どものように、普段は好きな時に好きなことを考え、行動を促し生きています。ルーティーンや馴染み深い物を好み、新しい物や変化を嫌う傾向にあります。ですから、なかなか自分の行動というのは変えられないものです。

目標を設定することは、それまでは好きなことを好きなように考えていた脳に行き先を知らせること。行き先がはっきりすると、そのためにどのような行動をしたらよいのかがはっきりし、脳が新しい物や変化に対してある一種のモチベーションをもって、取り組んでくれるようになります。

これから3ヶ月、半年、一年と長期にわたって達成したい目標があるのにもかかわらず、それを達成するためのシステムも、どんな行動が必要になるのかも系統立てて整理できていないのだとしたら、この『目標設定プランナー』の出番です。このプランナーを使うと自然と思考がクリアになり優先順位がはっきりわかるので、何にフォーカスしていけばいいのかが明確になっていきます。

さて、実際にどのように目標を決めて、プランナーを使いながらどう戦略的なシステムに落とし込むかについて、基本の6つのステップを次にご紹介しますね。

今回は、様々な思考法をご紹介しますので、自己流で試すのではなくこのブログ記事のために作った『目標設定プランナー』をつかってくださいね。プランナーはプリントアウトしていただければ、順序どおり簡単に目標設定できるようになっています。また、この6つのステップだけでなく、このブログではカバーしていない付録4枚(恐れやブロック、毎日やることリスト、週間やることリスト、私のご褒美)もついています。無料ダウンロードはこちらから。

『目標設定プランナー』 を無料でダウンロード

STEP1.SMARTゴール(スマートゴール)

SMARTゴールとは、以下の頭文字をとったものです。

S: SPECIFIC(明確な) 
M: MEASURABLE(測定可能な)
A:ATTAINABLE(実現可能な)
R: RELEVANT (自分の価値観に沿った)
T: TIME-LIMITED(時間が限られた)

目標設定する時にただ漠然とした目標だけでは、なかなか行動に移しにくいもの。 まずは自分の目標を具体的にするところから始めると、実現するための手段がより絞られてきます。 そのために必要なのがこのスマートゴールの設定です。

目標設定する際にまず スマートゴールを設定することで、目標を具体化かつ実現可能なものにすることができ、その後の行動がより詳細になり、達成への道筋にブレがなくなります。

では、スマートゴールについて説明しましょう。 ご自身の目標を 『目標設定プランナー』のステップ 1のページに書き込んでくださいね。

SPECIFIC

SPECIFIC(スペシフィック)とは、目標の明確さ。明確なゴールを作るために、5つの’W’にそって作りましょう。

Who:誰が
Why:どういう理由で 
When:いつ
Where:どこで
What:何をする 

目標の中に、この「5W」を盛り込むことによって、目標がもっと明確になります。

例えば、ウェブサイトを作るという目標があれば、このように明確にできるかもしれません。「私はライフワークを軌道に乗せるために、今日から3ヶ月以内にウェブサイトを作る。」

ジョギングをするという目標では、「私は健康的な生活を送るために、今日から3ヶ月以内にジョギングで5KM走れるようになる。」

といった感じです。

MEASURABLE

MEASURABLE(メジャラブル)とは測定可能なという意味。 目的は変化を具体的に数値化できるものにしましょう。例えば、上のジョギングの例で言うと、「5KM」というのが、測定可能な目標になります。

測定が出来ない目標では、行動した結果良くなったのか悪くなったのか、それとも何も変わらなかったのかがはっきりしません。とにかくシンプルに数値化できるものを目標の中に組み込みましょう。

ATTAINABLE

ATTAINABLE(アテイナブル)というのは、実現可能なということです。 ACHIVABLE(アチーバブル、達成可能な)といわれることもあります。

目標は「背伸びして手を伸ばせば届きそうな位置にあるもの」が良いということです。例えば、20代になって突然「私はオリンピックのマラソン選手になる」という目標を立てても、年齢的に今からトレーニングしても難しいかもしれません。しかし、「私は県のマラソン大会でフルマラソンを走る」という目標であれば、おそらくトレーニングすれば達成可能です。

大リーグで長年にわたって活躍したイチロー選手はコツコツと練習を重ねることでも有名でした。そのイチロー選手は目標についてこういっていたそうです。

目標”って高くし過ぎると絶対にダメなんですよね。必死に頑張っても、その目標に届かなければどうなりますか? 諦めたり、挫折感を味わうでしょう。それは、目標の設定ミスなんです。頑張ればなんとか手が届くところに目標を設定すればずっと諦めないでいられる。そういう設定の仕方が一番大事だと僕は思います

イチロー

決して高望みな目標ではなく、あなたのこれまでの経験に加えて、知識やスキル、ノウハウ、トレーニングなどを積む事で達成可能なことを目標として設定しましょう。

RELEVANT

RELEVANT (レレバント)は自分の価値観に沿ったものということです。

どんなに良い目標であっても、自分の価値観と合わないものだとなかなかモチベーションはあがらないもの。なぜこの目標を達成したいのか?その先にどんな未来が待っていて、最終的にどんな事が実現できるのか?そして、それは本当に自分が目指している未来像なのか?まずはここが自分の思いと一致していると目標へのモチベーションは倍増します。

TIME-LIMITED

TIME-LIMITED(タイムーリミテッド)は時間が限られたという意味。目標を定めるときは、必ずそれを達成する期限を定めておきます。このときに、できるだけじぶんがどのくらいこの目標にコミットする時間的余裕があり、どの位の期限だったら無理なくできそうかまでをある程度考慮に入れ、余裕のあるスケジュール組みをするのが大切です。

自分ができる範囲以上のことを目標に掲げると、後で苦しくなって途中で投げ出してしまう原因にもなりかねません。あくまで、自分の力を過信しすぎず、少し時間がかかってもリカバリーできるくらいの余裕をもたせた期限にしましょう。

ステップ 1では、このスマートゴールという方法で具体的かつ実現可能で測定可能な目的を作り上げる事ができました。次に、この目標に対してどうアイデアを広げていくかを説明します。

Step2.マインドマップ

ステップ2ではマインドマップを作ります。マインドマップというのは、脳が自然に行っている思考プロセスを「見える化」できる思考法です。マインドマップについては『マインドマップの作り方』でも詳しく紹介しています。

MIND MAP

マインドマップを使って、目標設定のアイデアをまとめます。まずは、Step1で決めた目標についてキーワードを連想し、それぞれの関係性をシンプルに繋げて放射状にアイデアを広げていきましょう。頭の中にあるアイデアを紙に書きだしていく事で思考が整理され、関連性がわかります。

例えば、「私はダイエットをして3ヶ月以内に5キロやせる」と目標をたてたとします。 ダイエットに食事と食習慣、そして運動が関連があるのは周知のとおりですが、 ストレスや不安の解消のために食べてしまうといった精神的な要素も実は深く関わる事が多いので、このようなキーワードが出てきました。

  • 食事の内容
  • 食習慣を変える
  • 運動
  • ストレス対策
  • 不安対策
  • ご褒美

これらのキーワードをマインドマップ書き込み、そこからまた関連するキーワードを繋げていってマインドマップの枝葉を広げていきます。

『目標設定プランナー』をダウンロードした方は、ステップ2のマインドマップのページを使ってください。中心に目標を書き、そこから外側へ向かって放射状にたくさんの枝が伸ばされていくように関連するキーワードを描きます。

マインドマップの枝は関連あるもの同士のつながりをあらわします。

真ん中から伸びる太い枝はマインドマップの中のカテゴリーを表しています。カテゴリーから伸びる小さな枝葉の先に、さきほど見つけたキーワードをつなげる形で伸ばしていきます。

マインドマップでは、長々と文章にして書かず、キーワードをつかって短く書いていくことでわかりやすく、イメージしやすくなります。書いていくうちに新しいアイデアが出てきたら、もっと付け足す事もできます。

マインドマップのソフトもありますが、手書きが一番シンプルで脳を活性化させるにも効果的です。 手書きだと色をつけたりイラストを入れたりして自分の好きなようにカラフルに描く事ができますので、見た目も美しいオリジナルのマインドマップを作る事ができます。

VISION BOARD

オプションとして、このマインドマップをもとにビジョンボードをつくるのもお勧めです。 ビジョンボードは描いた夢や目標をビジュアル化して引き寄せるツールです。

こちらは私が最近作ったビジョンボード。

こうやって、思いをカタチにして自分がワクワクするようなビジョンボードがあると、目標もいっそう近くなってきます。もちろんビジョンボードは手作りでもかまいませんが、最近は無料のソフトを使って美しくてワクワクするようなビジョンボードが簡単に作れます。

こちらのビジョンボード講座ではオンライン上の無料写真編集ツールと無料写真素材サイトを使ってパソコンでさくっとビジョンボードを作る方法を伝授しています。ちなみに上のビジョンボードもこの講座でお教えする方法で30分ほどで作りました。

ビジョンボード講座の詳細はこちら

Step3.ブレインダンプ

マインドマップでなんとなく、目標に近づくために必要な行動やアイデアがわいてきたら、次にやりたいのが、ブレインダンプです。

『ブレイン=脳』+『ダンプ=どっさり落とす、放り出す』という意味の通り、そのアイデアをすべて紙に書き出してみる思考法です。 頭の中にいろいろな情報やアイデアが氾濫していると、なかなかそれを俯瞰的に考える事ができないもの。これを楽にできるのが、ブレインダンプ。

マインドマップを作ってたくさんのキーワードがでてきたところで、 一度それを眺めてみてください。

目標に対するアイデアや行動が一つのブランチごとに自然とカテゴリー分けされているので、そこからどんな行動を起こせば目標に近づけるのか、いま頭の中に描いているアイデアをなるべく具体的にすべて書き出してみましょう。 『目標設定プランナー』 のステップ3のページにブレインダンプの欄があるのでこちらに書き込んでくださいね。

『目標設定プランナー』 を無料でダウンロード

なるべくいろいろな角度から、その目標を達成するために必要な行動や知識、経験などを挙げてみましょう。自分が出来るかどうかは考えずに、目標を達成できそうなアイデアをとにかくたくさん書き出してください。アイデアが思い浮かばないときは、あなたにその情報がないときです。そういうときは、実際にその目標を達成している人や 助けてくれそうな友人知人に話を聞いたり、ネットや本、動画を参考にするのもいいかもしれません。

ここではとにかく、マインドマップででてきたキーワードから思いつく目標達成のための行動について、できる限りのアイデアを書き出しましょう。

ブレインダンプを終えたら休憩です。今日中にプランナーを仕上げたければ、ティータイムをとったり、散歩に出かけて気分転換もいいかもしれません。個人的には出てきたアイデアを、一晩寝かせて残りのステップ4~6は後日取り組む事をお勧めします。とにかく、ブレインダンプの後は、一度心をクリアな状態にしてくださいね。

Step4. アクションプライオリティ

おかえりなさい!休憩して気分もリフレッシュしたところで、今回の最大の山場である行動の優先順位を決めたいと思います。おそらく、休憩している間に新しいアイデアや、行動の流れがカチカチっと繋がってきたかもしれませんね。そういうひらめきは大切にしてくださいね。

まずは、今日のこの目標を設定している日から達成したい日までを3つのステージに分けます。 3ヶ月後に達成したい目標であれば、それぞれのステージ期間はは1ヶ月となります。

そして、その三つのステージのそれぞれの期間を『目標設定プランナー』のステップ4の表に書いてください。目標の種類によって異なることはありますが、3つのステージのおおまかな内容のめやすはこのような感じです。

ステージ1 目標への基礎作り、準備期間(学びや調査、マーケティングなど)
ステージ2 目標に向かってこつこつ積み上げる期間 (下地づくり、細かい作業など)
ステージ3 目標までダッシュする期間(とにかく行動!)

では、ブレインダンプしたアイデアを、マインドマップのキーワードを参考にしながらカテゴリー分けしましょう。色分けしても、新しい用紙に書き直しても良いでしょう。

次にカテゴリーごとに行動の優先順位を決めます。決め方としては、

  • どの行動が一番重要なのか?
  • どの行動が先に来るか?
  • どの行動が最も時間がかかるのか?
  • 毎日するべきタスクは何か?
  • 省ける行動はないか?
  • どの順番で行動したら一番効果的か?

といったことです。

これらを考慮に入れながら、3つのステージの大まかな行動目標をたてましょう。

Step5.アクションプラン

さて、ステージごとの行動目標を決めたら、今度は実際にどんな行動を起こしたいか、さらに細かく2週間ごとの行動プランを作成します。

『目標達成プランナー』のステップ5のページの左側には期間を、右側には2週間ごとにおおまかな行動プランを書き込みます。今、すべてのプランを決める必要はありません。とりあえず、4~6週間分の行動プランをたてたら、Step6にすすみましょう。

もし目標が到達できないことが明らかならば、目標を考え直すのではなく、そこへ到達する道を考え直すのだ。-孔子

Step6. デイリーアクションプラン

さあ、これが最後のステップです。 このステップ6はステップ5で定めた2週間の行動プランを日々の具体的な行動プランに落とし込みます。 このプランニングは、週の終わりの金曜日の午後や週の初めの月曜日の朝に計画を立てるのがお勧めです。

このステップはプランナーのステップ6のページに書き込むのもよし、自分の手帳やスマホのカレンダーなど、毎日実際に使用しているカレンダーに書き込むのもありです。

デイリーアクションプランは、2週間分のみ作るようにしてください。まずは、自分がこれから2週間どの位の時間を目標のために費やせるのかを把握し、余裕を持って計画を立てましょう。予備日があると万が一計画どおりにすすまなくても焦ることなくリカバリーできます。

行動スケジュールはなるべく時間割のように1時間単位もしくは午前中と午後・夜と時間をブロック分けして考えましょう。そしてその行動が時間内に終わるようにして下さい。例えば「今日1時間でブログを書く」と決めたなら、1時間でブログを書きます。完璧なブログでなくても、書けた事が目標達成の第一歩です。もし1時間で書いてみてまだ時間が必要だときづいたなら、次回は2時間でスケジュールしましょう。その辺は臨機応変に!

最も大切なのは、日々のアクションプランを立てたら、かならず行動に移すことです。当日の朝になって「やりたいか。やりたくないか?」を決めないことです。今、計画を立てた自分を信じて行動に移してください。

もし、2週間が終わった時に、計画した行動プランがすべて完了してなくても大丈夫。次の2週間のデイリーアクションプランを立てる時に、付け加えられそうであれば付け加えたり、必要の無い行動であればそぎおとしたり、日程をずらしたりして、柔軟に対応するようにしましょう。

最初に決めた目標にむけて「最後までやり遂げる」という選択をとり続けるかどうかは自分次第。日々計画した行動をこなし、スケジュールをこなした自分を褒め、一歩一歩目標にちかづいていけば、最後には必ず目標に到達します。ですから、ぜひ「最後までやり遂げる」選択をとり続けてください。

さいごに。。。

いかがでしょうか?これで6つのステップは終わりです。しっかりと目標を設定する事は来ましたか?この目標を達成する事にワクワクしてきましたか?

もしまだワクワクするほどではないというのであれば、ぜひビジョンボードを作ってみてくださいね。目標達成後の世界がビジュアル化するだけでモチベーションは倍増しますよ!

おまけとして、『目標設定プランナー』にはこのブログではカバーしていない付録が4枚ついています。

  • 恐れやブロック
  • 毎日やることリスト
  • 週間やることリスト
  • 私のご褒美

これらも、計画を行動に移すのに重要なプランニングツールですので、この4枚に関しては、フォローアップのメールで詳しく説明しますね。

みなさんの目標がしっかりと確実に達成できるよう応援しています!

ABOUTこの記事をかいた人

心理カウンセラー・コーチ。2児の子育ての経験を通して、同じように子育てをする女性にカウンセリングやコーチング、セミナーなどを提供し、『ワタシらしい幸せのカタチ』を見つけるお手伝いをしています。海外在住20年の経験から海外在住者ならではのお悩みに関しても相談を承っています。(対応業務:個人相談、カウンセリング、コーチング、セミナー、執筆、講師、取材協力など)