ブロッサム【BLOSSOM】

わたしを過去から癒して解放し
本当の自分らしさを取り戻す
6ヶ月の自分開花プログラム

BLOSSOM【ブロッサム】


結婚して子供が生まれて母になって、自分が子供のころに思い描いたような未来を手に入れた。そう思っているのに、なんだか周りとうまくいってない気がする。

欲しいと思っていた家庭を作り上げているはずなのに、どこかで歯車がかみ合わなくなってしまったように、コミュニケーションがうまくいかない。

自分がいつも我慢している気がしていたり、暗い迷路に入り込んで出口がわからないような八方ふさがりな感じ。

やりたいことが制限されて、いつも監視されている自由じゃない感じ。「いつかここじゃないどこか別のところに行きたい」そんな現実逃避が心の救い。。。

大切な人を愛しているはずなのに、拒絶したり、ひどいことを言って突き放してしまったり。苦しくなってその場から離れたくなる。

喧嘩したり言い合いになったりしては、そのあとで自己嫌悪。。。こんな自分は嫌なのに、どうしても同じパターンの繰り返し。

そんな悩みはありませんか?

実はこのような悩みは、子供のころから持っている「思考の癖」が原因だったりします。その思考の癖は、子供のころの経験が大きくかかわっています。

小さい頃にかけられたのろいの言葉

私たちは、おそらくみな小さい時にある種の「のろい」をかけられています。

おねえちゃんなんだから。
ちゃんとしないと人が見てるよ。
がんばりなさい。
泣いたら恥ずかしいよ。
人に迷惑かけてはいけません。
我慢強い子が良い子。
わがままはいけません。
周りに気を使いなさい。

悪いことをしたら罰せられるよ。

こののろいの言葉は、大人になった今、私たちを苦しめています。そして、自分の周りの人たちを苦しめていたりします。

私の場合。。。

我が家の次男が生まれてすぐはあまりにも忙しすぎて、その頃まだ6歳だった長男の記憶はぼんやりしています。多分あまりかまってあげられていなかったと思います。

もともと長男はまじめでおとなしい優しい子。寂しかったと思いますが、それでもよく言うことを聞いてくれていました。でもあのころの私はボロボロで心身共に疲れていて心も整っていなくて、とても怒りっぽかったのです。

その頃の私は長男にとても厳しく、「弟が出来たから、このくらい当たり前のこと!もう赤ちゃんじゃないのよ!」そう思って6歳の彼に「お兄ちゃん」としての役割を求めました。

当然長男の怒りや嫉妬は弟に向かいます。無意識に「ママが冷たいのは弟がいるからだ。弟にママをとられた!」そう思っているから、次男に対しては今でも

ダメ出し
無視
一緒に遊ばない
おもちゃを貸さない
たたく

なんてことがたまにあります。

でもこれは、私の責任。私が彼のコップを必要な時に満たしてあげれなかったから

一番最初に生まれた子は、愛情のコップが大きいといわれます。それは、生まれた時から兄弟が出来るまで親の愛情を一心に受けることが出来るから。2番目は最初から兄弟がいるので、愛情のコップは上の子の半分、3番目は3分の一でも満足できます。だから、最近は意図して長男のコップを先に満たしてあげるようにしています。

といっても、これってなかなか難しいのです。だって私も長女だったので、上の子に優しくすると「でもおにいちゃんなんだから我慢するのがあたりまえ!!」という気持ちがむくむくと顔を出してきます。それはもう『衝動』といったほうがいいかもしれない。『嫌悪感』にも近いかもしれません。

だから、どうしても兄弟でえこひいきしてしまう。下の子は可愛いのに上の子は可愛くない。なんてママたちの気持ちがよくわかります。

こういう出来事は、実は自分の過去の体験と繋がっています。

私が、長男への厳しさをなくすことができたきっかけは、心理療法を学ぶワークショップで、自分の過去のことを話したときです。

カウンセリング&サイコセラピー(心理療法)

私は小さい頃、2度も弟に大怪我をさせています。

一度目は4歳の頃。私は2歳の弟をつれて公園で遊んでいました。そして、公園の外の2歳の子には危ない場所に弟を連れて行ってしまいました。弟は足を踏み外して転落。鼻の下を4針縫う流血騒ぎになりました。

二度目は7歳の頃。5歳の弟と近所の友達とで自転車に乗って遊んでいました。まだ補助輪をはずしたばかりの弟は、初めて降りる坂道でブレーキを使えずに失速し、道路わきから転落して大怪我。

普段は封印しているその遠い記憶。。。

そのどちらの記憶も、私にとっては涙なしでは語れない辛い経験でした。

でもEFT催眠療法で、自分の過去にアクセスし、その経験を癒すことが出来てから、不思議なくらい長男のことがいとおしくなってきたのです。

もう、「お兄ちゃんなんだから」と思うことも、過度な期待もしなくなりました。年相応に甘えさせてあげることもできるようになりました。

それは、私がずっとぎゅっと握り締めていた、

「お姉ちゃんなんだから、ちゃんと弟の面倒をみていないといけない」

という、母からかけられた「のろい」を昇華することができた瞬間でした。

あんなに小さい頃にこんなに大きな罪悪感を抱えてたんだ。。。とわれながらびっくりするような体験でした。

過去にもどってこんな「のろい」を解くことができるのが、心理療法。

私のセッションではカウンセリングだけでなく、心理療法(EFTタッピング、ヒプノセラピー、インナーチャイルドセラピー、タイムラインセラピー、認知行動療法、コーチングなど)を使って、感情をエネルギーレベルで昇華し開放します。言葉だけではなかなか腑に落ちない感情に、直接働きかることができますので、その効果は半永久的に持続します。これは、オンラインであっても対面で行う場合と同じ効果があります。

ブロッサムでは、この心理療法を使って今うまくいっていないことの根本的な原因にアプローチします。

  • 大切な人に冷たい態度を取ってしまう。
  • 大切な人に感情的になって怒ってしまう。
  • 大切な人に対して罪悪感を持っている
  • 自分の過去の嫌な思いにとらわれて人にイライラしてしまう。
  • 自分の行動がこれでよかったのかとくよくよしてしまう。
  • 夫や親、義理の両親を心から受け入れられない
  • 周りにあわせすぎて窮屈な思いをする。
  • 遠慮して自分の意見がはっきりいえない。
  • 自分の気持ちに嘘をついてしまう。
  • 自分らしく生きられていない気がする。​
  • 「母親」「妻」以外自分が何者かわからない。
  • いつも他人軸で行動してしまう。
  • 自分に自信が無い。

「ブロッサム」は、そんなママが過去ののろいを解いて、自分を癒し、これまで理屈ではわかっていてもどうしても変えられなかった自分を変え、しなやかな軸のある本当の自分らしさを花開かせるためのプログラムです。

プログラム内容

過去を癒し、本当の自分らしさを花開かせる『自分開花プログラム』

BLOSSOM【ブロッサム】

6回のカウンセリング&心理療法のセッションとメールによるフォローアップで、過去にある根本的な問題に直接働きかけ、癒し、ブロックをはずし、これから未来へ向けて自分らしく「今」を生きる後押しをします。その時々の課題に合った心理学のテキストや学びをカスタマイズしてお伝えします。また、心理学やコーチングをベースにしたワークやコミュニケーションを学ぶことで、幸福度がアップする習慣を日々の生活の中に取り入れることが出来るようになります。

このプログラムを受けるとこうなります。

  • 罪悪感から自由になる
  • 家族が心から愛おしくなる
  • 夫婦関係が向上する
  • 親との関係、義理の親との関係が良くなる
  • 自分に自信が持てる
  • もっと前向きになれる
  • 自分の気持ちに嘘をつかなくなる。
  • イライラせずに心穏やかに毎日笑顔で過ごせるようになる。
  • 人の顔色を伺うこともなくなる
  • 迷わず行動できるようになる。
  • 自分軸ができて、周りに流されないようになる。
  • 自分はこれでいいんだという確信が持てるようになる
  • 自分のことがもっと好きになれる
  • 「母親」「妻」以外の自分を見つけられる
  • 心が満たされて今を大切に生きられる
  • 自分が穏やかになり笑顔が増えて、家族も幸せになる。
  • 自分がやりたいことに挑戦できるようになる
  • 家族が自分を応援してくれるようになる
  • 思い通りの人生を歩むことができるようになる

セラピスト:井藤まさこ

心理カウンセラー・サイコセラピスト

ケンタッキー大学心理学部卒。デイトン大学臨床心理学修士課程終了。MA in Clinical Psychology 取得。大学付属のクリニックや研究施設にてトレーニングを受けた後、日本の心理クリニックにて臨床経験を積む。現在はオンラインセラピールーム『グリーンビューティーラボ』主催。

海外在住の子育て世代の女性や留学生を対象にカウンセリングやセミナー、子育てコミュニケーション講座やセルフケアのプログラムなどを提供している。

セッションはこれまでもっている思い込みやブロックが外れ、気持ちが楽になりエネルギーが上がると好評です。

心理カウンセラー 井藤まさこプロフィール

ブロッサム先行案内

『ブロッサム』は不定期に募集しています。次回の募集に興味がある方は先行案内にご登録ください。

ブロッサム卒業生の声

【ブロッサムご感想】今まで自分の中で解決できなかったものが雪解けのように溶け自分の心が軽くなりました
母親の評価や意見が気になり、自分にダメ出しばかりしてしまいとても窮屈でした。
自然と涙が流れてくる瞬間があり、自分の中にいるもうひとりの自分と繋がる感覚がありました
つい他人と比較をしたり、他人の目を気にしてしまう自分からなかなか抜け出せませんでした
 ブロッサム
離婚を機に子供たちが精神的に不安定になったことなどから自分を責め続けていました
ブロッサム
義母との関係が壊れないようにたくさん無理をして関係維持に努めて疲れきっていました
ブロッサム
ひとりひとりに大切に向き合えなかった罪悪感があり親でいることに疲れさえ覚えていました
ブロッサム
自分のことは後回しの負のループから抜け出せなくて心身共に疲れきっていました
ブロッサム
子供には私がされてきた事はしないと思っていたけれど、同じように怒ってしまっていました
自信がない
小さい時から自分に自信が持てませんでした
ネガティブな思考からどう抜け出すのかわからず、自己嫌悪に陥るパターンを繰り返していました

※募集枠は大変限られております。興味のある方はメールにてご連絡ください。   info@greenebeautylab.com