肌がどんどん奇麗になる魔法の自然派オイルクレンジング術

Oil Cleansing

メイクを落とすときに必要なクレンジング剤。

美肌を保つにはメイクを落とす事は大切なんだけど、クレンジングしたあと肌が乾燥する感じありませんか?

それはもしかしたら、クレンジング剤で必要以上に肌の皮脂を落としてしまっているのかも。

Cleansing Oil

例えば、クレンジングオイルに使われているオイルって、ちゃんと原材料を読んでみると石油系のミネラルオイルや科学的に合成されたオイルがほとんど。

ミネラルオイルとは何かというと、石油からプラスチックやその他工業製品を作ったあとに出る廃油を脱色し、精製して不純物を取り除いた油。

安全性は高く、外部刺激から皮膚を守るには最適だといわれていて、いろんなところで使われています。例えば、傷口の保護のために病院ではワセリンが使われていたりしますよね。

ミネラルオイルは大量生産出来てコストも低く、無味無臭で長期間劣化しないのでたくさんのコスメやスキンケア製品に使われています。

ただ、ミネラルオイルは肌を保護することには優れていても肌への浸透力はなく植物性オイルに含まれる美肌効果の高いオレイン酸やパルミトレイン酸などの「必須脂肪酸」は全く含まれていないのです。

さらに、肌表面に膜を作り毛穴が詰まる原因になったり、肌が自分で皮脂を出す力が弱まって皮膚の新陳代謝が悪くなり、肌が乾燥しやすくなることもあります。

もし今使っているクレンジングオイルがサラサラしていたら、それのオイルはミネラルオイル、もしくは人工的に作られた合成オイルの可能性大。

 

じゃあ、どんなオイルを使えばいいの?

 

たいていのクレンジングオイルの成分はオイルと界面活性剤。オイルになじんだメイクは界面活性剤と水が合わさることで乳化してすすぎと同時に一緒に洗い流されるんですね。

つまりメイクを落とすには《①メイクをオイルでなじませ》《②そのオイルを落とす》というこの二つの働きがあれば十分。

実は大抵のオイルがメイク落としに使えます。

オススメは、食べても安全で自然の恵みや必須脂肪酸たっぷりのコールドプレスされたオイル

Olive Oil

嬉しいことに、こういうオイルって特別に探さなくっても普通にスーパーに行けば見つかります。

オリーブオイルココナッツオイルグレープシードオイルスイートアーモンドオイル米ぬかオイルなどが比較的安価に手に入る美肌オイル。

すでに一つくらいはキッチンにあるのではないでしょうか?

 

オイルクレンジングの方法

①まずはオイルを清潔な手のひらに取り、指先でメイクをオイルにすこしづつなじませます。

普段、私はココナッツオイルを使いやすいようにポンプ式の容器に入れてメイク落としに使ってます。(常夏なので、ココナッツオイルは常温でも固まりません。)

寒い気候だとココナッツオイルは固まって使いにくくなるので、オリーブオイルやほかの固まりにくいオイルのほうがおすすめ。

 

②目の周りはかるくなじませる程度。目の中にオイルが入るとあとで目がギトギトするので、目の中に入らないように気をつけて。

 

 

③メイクがオイルとなじんで浮いてきたらまずは水で一度洗い流します。この状態だと、まだちょっとべたべた感があります。

 

 

④最後に肌に残っているオイルを以下のいずれかの方法で取り除きます。

 

石けんで洗い流す。

固形石鹸、それも手づくりのグリセリンたっぷりの顔用の石けんがお勧めです。

一番肌にマイルドな石けんはオリーブオイル100%のキャスティール石鹸。ただ、市販の工場生産された硬いキャスティール石鹸はグリセリンが抜かれていたり、オリーブオイル100%でなかったりするので、ちゃんと原材料を確かめできれば手作りのものを使ってくださいね。

そのほかにも、シアバターやマンゴーバター、アボカドオイルやアルガンオイル入りの手づくり石けんは必須脂肪酸たっぷりでアンチエイジング効果もあるのでおすすめ。

 

 

こういう石鹸は不必要に皮脂を奪わないので洗い上りもしっとりします。

石けんで落とせなかったアイメイクや口紅は、次に紹介するコットンを使った方法で落としてください。

 

濡れたコットンでふき取る

コットンをぬるま湯やローズウォーターなどで湿らせて、やさしくオイルをふき取る方法。

コットンは汚れたら新しいものに変えます。

ごしごしこすらず、しばらく押し付けてメイクをしっかりコットンに移した後、軽くすべらせるようにしてふき取ると良いです。

 

温かく湿らせたタオルでふき取る

 

ガーゼや柔らかいタオルを温かいお湯につけてそれでオイルをふき取るという方法もあります。

これもごしごしこすらずに、やさしく何度かお湯につけて軽くふき取ると良いです。

 

 

 

終わった後は化粧水やクリームで肌を整えてくださいね。

 

 

ちなみに、私はすべての方法を試してみて、今は一番お手軽な石けんで洗い流す方法に落ち着きました。

このクレンジング術を始めてから、常夏マレーシアの暑さで開きっぱなしの毛穴も目立たなくなり、冷房で乾燥気味の肌もしっとりしてきました。

一番嬉しいのは、クレンジングの後に肌がもちもち吸い付く感じ。天然のオイルは美肌効果の高い成分が含まれているので、使っていくうちに肌の乾燥が減るだけでなく、肌が内側からつやつやしてきます!

毎日のクレンジングで美肌になれる自然派オイルクレンジング、本当に簡単なのでぜひ試してみてください。

 

植物オイルを使用するときの注意

 

天然の素材は人によってはアレルギー反応がでたりかゆみが出たりする事があります。初めて使う方や敏感肌の方はオイルが肌に合うかどうかパッチテストで確かめるのをお勧めします。

《パッチテストのやり方》

(1)入浴後の肌が清潔な状態で、オイルを二の腕の内側に10円玉大ほど塗る
(2)24時間後に様子をみる
(3)2日目に異常がなければ再度二の腕の内側に塗る
(4)さらに24時間後に観察し、テスト部分に異常がなければ使用してもOK

また、天然の植物オイルには消費期限があります。消費期限を過ぎて酸化してしまったものは肌にもお勧めできません。天然のオイルは生モノですから、なるべく新鮮なものを使ってくださいね!

ニュースレター購読申込み

Alternative 906138 1920 %282%29

グリーンビューティーラボの新しいレシピやキッチンでスキンケアを作るコツ、サービスの先行案内などをあなたのメールボックスへ直接お届けします。

解除も簡単にできますのでお気軽にどうぞ Powered by ConvertKit