無水エタノールで手の消毒液をつくろう!手作りアルコール除菌スプレーの作り方

手作りアルコールスプレー

ウイルスに悩ましいこの季節、手ピカジェルや消毒用スプレーが品薄・品切れ状態のところも多いのではないでしょうか。今回は、無水エタノールと精油で簡単に作れるアルコール除菌スプレーの作りかたをお教えします。

もし、アルコールが手に入らない状況であれば、アルコールを使わずに除菌や殺菌消毒できる方法もありますので、参考にしてくださいね。

消毒用エタノールと無水エタノールとの違い

まずは、消毒用エタノールが無水エタノールとどう違うのかを説明しますね。

手作りアルコール除菌スプレーの作り方

消毒用エタノールは、無水エタノールよりはアルコール濃度が低く(76.9~81.4vol%)、インフルエンザウイルスなど、エタノールで不活性化できるウイルスの消毒に効果を発揮します。

一方で、無水エタノールは非常に純度の高いエタノール(99.5 vol %)のことです。ほとんどアルコールなので、揮発しやすく洗浄力が強いという特徴があります。そのため、水拭きができない電気製品などの掃除に使われますが、すぐに揮発してしまうため、そのままでは手の消毒用には不向きです。

でも、この無水エタノール、希釈すれば消毒用エタノールになるんです。そこで今回は、材料もアルコールと水と精油(あれば)のみととってもお手軽な手の消毒用スプレーの作り方をご紹介します♪

レシピには、アルコールの殺菌力にティーツリー精油やラベンダー精油の殺菌消毒作用をプラスしています。普通の消毒用アルコールだと病院のようなつんとする臭いが嫌な方もいるかもしれませんが、このレシピで作った消毒液は、香りも良くてますます使いたくなりますよ。

※海外の方は、95%以上のAbsolute EthanolやIsopropyl Alcoholを準備してくださいね。Surgical SpiritsやRubbing Alcoholはそのまま消毒用として使える消毒用アルコールです。

アルコール除菌スプレーの作り方

《準備するもの》

計量カップ・ビーカー         1
マドラー               1
スプレーボトルかアトマイザーボトル (アルコール対応の物) 1

《材料》

無水エタノール80ml
精製水か蒸留水            20ml
ラベンダー&ティーツリー精油(あれば)20滴 ほど

《作り方》

①無水エタノール80mlを計量カップに入れる。
②精製水(蒸留水)20mlを加える。
③あれば精油を20滴ほどくわえてマドラーで混ぜる。
④アルコール対応のスプレー容器に入れる。

プリントして冷蔵庫に貼っておけるレシピがダウンロードできます。

▼ダウンロード希望の方はこちらからご登録ください。(メルアドに1分で届きます)

消毒スプレーレシピ

動画でも作り方を説明しています。(6分)

いい香りで気分を癒しながら、悩ましい季節を乗り越えていきましょう。

無水エタノールの取り扱い上の注意

無水エタノールは、揮発しやすく引火しやすい性質を持っています。このため、火気のそばでは決して使わないようにしてください。使用後は蓋をしっかり締めて冷暗所に保管し、子供が誤飲しないように手の届かないところに置きましょう。

アルコールアレルギーの体質の方は、発疹や肌のかゆみが出ることもあります。何らかの症状が出た場合は、ただちに使用を中止してください。また、家具やソファーの表面などに使う場合は、アルコールで変質しないかどうかあらかじめ目立たないところで問題がないかどうか試してみることをおすすめします。

手作りアルコールスプレー

ABOUTこの記事をかいた人

心理カウンセラー・アロマクラフト作家。自分の美容コスメはほとんど手作りしてしまうナチュラルコスメおたくでもある。アロマクラフトのオンラインプログラム『ナチュラルライフ集中講座』主催。カウンセリングでは、子育てや夫婦関係の悩み、人間関係のストレスや過去のトラウマから開放され、それぞれの幸せのカタチをみつけるサポートを行っている。海外大学・大学院留学を含め、海外在住20年以上の経験から海外在住者ならではのお悩みや留学生のカウンセリングも得意とする。(対応業務:個人相談、結婚カウンセリング、子育てカウンセリング、留学生カウンセリング、執筆、セミナー講師、取材協力など)