子どもの自己肯定感を上げるために親ができること

子どもの自己肯定感を上げるために親ができること

「自己肯定感」って言葉を良く聞くようになってから久しいですが、実際にどう子どもに接するかを知りたいと思っても、いろんな育児論が出回っていてどれが正しいのかいまいちよくわからなかったりしませんか?

「褒めて育てよ」という人もいれば、「褒めてはいけない」という人もいる。

「しつけには叱る事も必要」という人もいれば、「怒らない子育て」を推奨する人もいる。。。

そんな子育て法とか、子育て論とかじゃなくて実践的にどうしたらいいの?と思っていたときにこんなTEDトークに出会いました。

わが子を成功させるやり過ぎない子育てとは?

TEDトークわが子を成功させるやり過ぎない子育てで、かつてスタンフォード大学で新入生担当学生部長を務めたジュリー・リスコット=ヘイムスは、親から過度な期待をかけられ、やることを細かく管理されている子どもを“Check-Listed Kids”と呼んでいます。

わが子を成功させるやり過ぎない子育て(英語版)

(日本語版はこちらからみられます)

Check-listed = 「いつも親から管理されている」という意味。

彼女は、いまや私たち親が自分達が求められたことの無いレベルの完璧さを子供達に求めていること、そして、宿題や成績の事ばかりに一喜一憂する親をみた子供は自分の真の価値をもたらすものは優秀な成績だけだと思うようになる危険性をこのTEDで指摘しています。

このTEDトークを聞いて、ドキッとしたのは私だけではないハズ。。。

以前の私は子どもに対してかなり厳しい教育ママでした。

マレーシアの華僑の教育熱はシンガポールのそれに追いつけとばかりに加熱していて、まわりの子ども達は毎日塾に行ったり、お稽古に行ったり。。。というのが普通でした。

その熱に感化された私もやれ中国語の塾だ。やれ水泳だ。やれ算数の塾だと通わせて、おまけに家に帰ってからは日本語の勉強をさせていました。

そしてそのころの私の口癖は「みんなやっているのよ!」「頑張りなさい!」「怠け者になっちゃうよ!」でした。

ある日、長男が言いました。

「ママ、僕は一日も休めないの?」

子どもの自己肯定感を上げるために親ができること

ジュリーは、受験や学歴や就職まで口を出す親の事を子供を『盆栽』のように手をかけて育てているといっています。

そういう親であっても、手をかけ心を砕いて子供のことを思って育てているのだとおもいます。

しかしいくら、子供を愛していて心から幸せを望んでいても、もし口をついて出る言葉が「はやく宿題しなさい!」「テストはどうだったの?」「塾の時間よ!」

ばかりだと、実は子供に伝わるのは親の不安ばかり。愛情は一つも伝わっていはいないのです。

でも本当に子どもに伝えたいことは違うはず。

今の子供達は

息切れして傷つきやすく年よりすこし大人びていて燃え尽きた感がある

とジュリーは指摘しています。

うつや不安症をかかえ、自分の人生に価値を感じられなくなっているとも言っています。

自己肯定感とは?

子供のコミュニケーション能力の土台は幼少期からの親との、特に母親とのかかわりで築かれるもの。その心の土台となるものの一つが、「自己肯定感」です。

自己肯定感とは、「自分は愛されている」「自分には価値がある」と自分の価値や存在意義をポジティブに感じられること。

「ぼく/わたしの事がだいすき」「今の自分でいいんだ」と今の自分を肯定し満足している子どもの心や行動のあり方です。

自己肯定感の高い子供は

  • 自分の感情や衝動をコントロールできる 
  • 楽観的でプラス思考
  • 集中力がある
  • チャレンジ精神がある
  • 良好な人間関係を築いていける

といった特徴があります。

ジュリーは子供は本来、「盆栽」ではなく、「野の花」なのだといっていました。

踏まれても折れない野の花のほうがはるかに強い生命力を感じます

雨が降ったら軒下に入れ、肥料を与え、幹の形を針金で整えていく盆栽よりも、雨風にうたれても、踏まれても折れない野の花のほうがはるかに強い生命力を感じます。

その生命力の一つが自己肯定感。

どうしたら自己肯定感を育てられるの?

「自己肯定感の重要さはわかったけど、じゃあ、どういう言葉をかければいいの?」という自分自身の疑問をクリアにすべくいろいろと調べていました。

そうして出てきたキーワードが「褒める」「認める」「勇気づける」「尊重する」「成功体験を積む」といった事。

これらの事は、これまでの子育てでも気をつけてきたことではあります。でも、いざ実際にどうしたらいいのかな?と思った時になにかガイドブックみたいなのがあるといいなとおもったけど、あまりよさそうなのが見つかりませんでした。

そこで 『自己肯定感をあげる』実践的な方法を学べるように、 自己肯定感を高める言葉を厳選して今回一つの小冊子にしようと思い立ちました。

それがこちら。

子供の自己肯定感をあげる魔法のフレーズ

製作に当たっては、私の一人よがりにならないように世界中に住む育児中のママや心理学や教育のスペシャリストの方達にも意見を聞き、その意見を元に手直しして完成しました。

『盆栽』ではなく『野の花』を上手に育てる方法のヒントになればなと思っています。

世界中のママ達の愛が詰まった一冊はここから受け取れます。

  ▼ ▼ ▼

『子どもの自己肯定感がUPするまほうの50フレーズ』申し込み

『子どもの自己肯定感がUPするまほうの50フレーズ』お申し込み

Cover

子どもの自己肯定感をUPするまほうのフレーズを50個厳選。

お申し込みいただいたメールアドレスに小冊子のダウンロードリンクをお送りします。

Powered by ConvertKit

いただいたご感想の一部をここにのせますね。

とてもわかりやすくて、綺麗な写真もたくさんあって見ているだけでホッとするような冊子でした。印刷して眺めていたい〜と思える冊子に出会ったのは初めてです!子供の声かけでも使えるフレーズばかりですが、自分にも使えるたくさんのフレーズ。小さな声かけを読むだけでも自分も満たされました!!!

自己肯定感を大切に子育てをしたいとずっと思いつつも、ついイライラして怒ったり、流されてしまう日々だったけれど、意識して声をかける、とか意識して言葉を使うという大切さをあたらめて感じました。

今できなかったと言う事実と向き合い、その時にどんな気持ちなのか。それを口に出して親子で共有するって今までできていなかったと思いました。 できなかった事に対して、子どもがどんな気持ちになってるのかを確認するためにも、こうやってひと言声をかけるのは大切だと思いました。

(ダウンロードいただいた方々からたくさんご感想を頂いています。もっと読みたい方は、こちらのほうに掲示しています。)

「ちょっとだけでも、子育てをラクにできたら。」そして、「子どもたちの未来のために。」そういう思いで作りました。

私だけでなく、たくさんのママの意見を元に子育てのエッセンスがぎゅっと詰まったこのミニブック、ぜひ活用していただけるなら嬉しいです。

ただ今、この冊子を無料で差し上げています☆

こちらから受け取ってくださいね。

   ▼ ▼ ▼

『子供の自己肯定感がUPするまほうの50フレーズ』ミニブックプレゼント

『子どもの自己肯定感がUPするまほうの50フレーズ』お申し込み

Cover

子どもの自己肯定感をUPするまほうのフレーズを50個厳選。

お申し込みいただいたメールアドレスに小冊子のダウンロードリンクをお送りします。

Powered by ConvertKit

ABOUTこの記事をかいた人

アロマクラフト作家で心理カウンセラー・コーチ。自分の美容コスメはほとんど手作りしてしまうナチュラルコスメおたくでもある。オンラインカウンセリングやコーチング、セミナーなどを提供したり、海外在住20年の経験から海外在住者ならではのお悩みなどにも対応。悩みから開放され『ワタシらしい幸せのカタチ』を見つけるお手伝いをしています。(対応業務:個人相談、結婚カウンセリング、子育てカウンセリング、コーチング、セミナー、執筆、講師、取材協力など)