【プレゼント】子どもの自己肯定感を高める魔法の言葉50選

子どもの自己肯定感を上げる

「自己肯定感」って言葉を良く聞くようになってから久しいですが、実際にどう子どもに接するかを知りたいと思っても、いろんな育児論が出回っていてどれが正しいのかいまいちよくわからなかったりしませんか?

「褒めて育てよ」という人もいれば、「褒めてはいけない」という人もいる。「しつけには叱る事も必要」という人もいれば、「怒らない子育て」を推奨する人もいる。。。

子どもは言うことを聞いてくれないし、社会の目は厳しいし、叱らずにどうやったら子供が言うことを聞いてくれるのか?とても難しいところです。

自己肯定感とは?

子供のコミュニケーション能力の土台は幼少期からの親との、特に母親とのかかわりで築かれるもの。その心の土台となるものの一つが「自己肯定感」です。

母親の声掛け次第で子どもは自己肯定感は高くも低くもなります。今回は子どもの自己肯定感を高める魔法の言葉を50フレーズ選んで小冊子にまとめました。心理カウンセラーがたくさんのママの意見を元に作った、育児のアイデアとエッセンスがぎゅっと詰まった魔法のフレーズ集をプレゼント中です。#自己肯定感#声掛け#子育て#子ども

自己肯定感とは、「自分は愛されている」「自分には価値がある」と自分の価値や存在意義をポジティブに感じられること。

「ぼく/わたしの事がだいすき」「今の自分でいいんだ」と今の自分を肯定し満足している子どもの心や行動のあり方です。

自己肯定感の高い子供は

  • 自分の感情や衝動をコントロールできる 
  • 楽観的でプラス思考
  • 集中力がある
  • チャレンジ精神がある
  • 良好な人間関係を築いていける

といった特徴があり、これからの予想ができない社会でも自分でチャンスを切り開く力をもっているといわれています。

どうしたら自己肯定感を育てられるの?

どんなに愛情をもっていても、叱ってばかりでは「僕(わたし)はだめなんだ」というメッセージしか伝えられません。褒めたり勇気づけたりすることで親の愛が伝わります。

でもどんな誉め言葉がいいのでしょう?どんな風に認めてあげればいいのでしょうか?そんな疑問を解決すべく、海外在住の心理カウンセラーが自己肯定感を高める言葉を厳選して一つの小冊子にしました。

それがこちら。

母親の声掛け次第で子どもは自己肯定感は高くも低くもなります。今回は子どもの自己肯定感を高める魔法の言葉を50フレーズ選んで小冊子にまとめました。心理カウンセラーがたくさんのママの意見を元に作った、育児のアイデアとエッセンスがぎゅっと詰まった魔法のフレーズ集をプレゼント中です。#自己肯定感#声掛け#子育て#子ども

子どもの自己肯定感を上げるためにこれから使っていきたい、実践的な声掛け集として、読んだらすぐに使えるものばかりを集めました。

たとえば、こんなフレーズが子供のやる気を生み出します。

「君はママの宝物だよ」

「きっとできるよ!」

「大丈夫だよ!」

「昨日よりうまくなったね!」

このようなフレーズを日々かけてあげるだけで、子どもの気持ちがふんわり温かくなり、自己肯定感が魔法にかかったようにぐんぐんと上がっていきます。ポイントは、毎日シャワーのように聞かせてあげることです。どんなにいたずらをして叱ってしまった後でも、これらの言葉を聞かせてあげるだけでこどもに笑顔が戻ってくるでしょう。

▼全部で50個のまほうのフレーズを載せた小冊子はこちらからダウンロードできます。   

『子どもの自己肯定感がUPするまほうの50フレーズ』ダウンロード

心理カウンセラーが厳選した「子どもの自己肯定感をUPするまほうの50フレーズ」小冊子を無料プレゼント中

メールアドレスにダウンロードリンクをお送りします。解除も簡単にできますのでお気軽にどうぞ Powered by ConvertKit

『子どもの自己肯定感がUPするまほうの50フレーズ』を使ってみた感想

これまで日本や海外在住のママ1000人がこのフレーズ集をダウンロードしてくれています。たくさんのママの意見を元に作った、子育てのエッセンスがぎゅっと詰まったこの小冊子、ぜひ活用していただけるなら嬉しいです。

とてもわかりやすくて、綺麗な写真もたくさんあって見ているだけでホッとするような冊子でした。印刷して眺めていたい〜と思える冊子に出会ったのは初めてです!子供の声かけでも使えるフレーズばかりですが、自分にも使えるたくさんのフレーズ。小さな声かけを読むだけでも自分も満たされました!!!

とっても読みやすく、特に言葉の文字スタイルが文意にあっていると思いました。使いたいと思ったフレーズは「次はどうしようか?」子供に考えさせ、自分で主張するということを身につけさせ自信を持たせてあげたいからです。また今の育児に足りていないフレーズでした!自己肯定感の基礎は本当に母親から受け取るギフトだなと感じ、大切に育みたいと思いました。また、つい「早くして」などの言葉をよく使ってしまっている自分にとって、振り返りのいい機会になりました♡

どれも、素晴らしいな、使っていきたいな!と思いました。使いたいと思ったフレーズは「どうしたらいい?」。こうして、ああして。とすぐに強要してしまうから、結局なにも解決しない。 どうしたらいい?って聞いたら、子供が自分の答えをだして、お互いに心地よい形で解決するなぁ。と使ってみて実感したからです。実際に使ってみると、子供の応答が全然かわったから驚いています。 日々意識して使えるようにしていきたいけど、ついつい頭ごなしに怒ってしまうこともあります。(いや、むしろいつも怒っています。笑) 自己肯定感を高く育てることは私の目標。 言葉ひとつで子供たちの自己肯定感があげられるなんて、ほんとに素晴らしいな!と思いました。

ちょうど良く素敵な冊子だと思います!使いたいと思ったフレーズは「いつも味方だよ」。『無条件に愛される』にわたし自身が反応しました。そして子どもの成長につれて、時間や場所と言った物理的にそばにいることは今より減ってくると思うけれど、心はいつもそばにいるよ、ひとりじゃないよってことを伝えたいからかな。自己肯定感を大切に子育てをしたいとずっと思いつつも、ついイライラして怒ったり、流されてしまう日々だったけれど、意識して声をかける、とか意識して言葉を使うという大切さをあたらめて感じました。

ちょうど読みやすく良かったです。どうしてこんな言葉を子どもにかけてあげればいいのか。そう言った説明もすんなりと入ってきて、且つ、端的に書かれてあり、お子さんが小さいお母さん達も読みやすいと思いました。 挿絵も入っていたり、ポジティブな色合いでとっても素敵でした。使いたいと思ったフレーズは「残念だったね。次がんばろう!」今できなかったと言う事実と向き合い、その時にどんな気持ちなのか。それを口に出して親子で共有するって今までできていなかったと思いました。 できなかった事に対して、子どもがどんな気持ちになってるのかを確認するためにも、こうやってひと言声をかけるのは大切だと思いました。 また、 できなかったことは悲しいことではなく、次への挑戦への第一歩なんだよと言う言葉を付け加えていえうところがポイントでした。 自分はダメなんだと否定的感情をイメージさせるのではなく、できなくとも次のチャンスがあると言うのを伝えることでポジティブに考えられるんではないかと思いました。

《関連記事》

【プレゼント企画!】心理カウンセラーが選んだ、子どもの自己肯定感がアップするまほうの50フレーズ

母親の声掛け次第で子どもは自己肯定感は高くも低くもなります。今回は子どもの自己肯定感を高める魔法の言葉を50フレーズ選んで小冊子にまとめました。心理カウンセラーがたくさんのママの意見を元に作った、育児のアイデアとエッセンスがぎゅっと詰まった魔法のフレーズ集をプレゼント中です。#自己肯定感#声掛け#子育て#子ども

▼ダウンロードはこちらからどうぞ

『子どもの自己肯定感がUPするまほうの50フレーズ』ダウンロード

心理カウンセラーが厳選した「子どもの自己肯定感をUPするまほうの50フレーズ」小冊子を無料プレゼント中

メールアドレスにダウンロードリンクをお送りします。解除も簡単にできますのでお気軽にどうぞ Powered by ConvertKit

ABOUTこの記事をかいた人

マレーシア在住 心理カウンセラー・アロマクラフト講師。海外在住歴20年以上の経験から海外在住者ならではのお悩みや、国際結婚をした女性を対象としたカウンセリングを得意とする。子育てや夫婦関係の悩み、親子関係のトラウマなどを感情から開放するセラピーをオンラインにて提供中。