子育てやパートナーシップの悩みをざっくばらんに話せる場所

ライトハウスサークル

先日、友人で国際薬膳師の増子ゆきこちゃんのコミュニティーで、コラボウィークのスペシャリストを一週間担当させていただきました。

コラボウィークの一週間

シェフでもある彼女が運営する『こちらえごと.Lab』では、薬膳に関する講座や毎月のオンラインキッチン、そして日々の食事のアイデアなど「食」に関する知識やアイデアがもりだくさん。

これまでも彼女の家族へ対する思いや、食から心や体の不調を整えていくという考え方には共感することが多かったんです。そんなゆきこちゃんからのオファーということで、私もウキウキしながら彼女のコミュニティーに一週間お邪魔させてもらいました。

ゆきこちゃんの開催レポはこちらから

【開催レポ】出会いが生む学びは一瞬にして自分を変えていく

そのスペシャルコラボウィークでも私が一番楽しかったのが、ラボの方たちとの交流会。ゆきこちゃんが交流会のテーマに選んだのは「人間関係の境界線について」。ゆきこちゃん自身がいつも実家に帰る前に読んでいるという、私のこのブログに書いてある境界線(=バウンダリー)について対談したあとに、交流会となりました。

人間関係の境界線バウンダリーを引くための4つのステップ

境界線という言葉自体、あまり聞いたことがない言葉だと思いますが、実はこの考え方をインストールするだけで、人間関係がとても楽になります。ゆきこちゃんとの対談で彼女の体験や、いろんな例を出しながら説明していくうちに、参加者の方の目がキラキラ輝いてきました。

そして、自分と家族や義理家族との関係で「この場合はどう考えればいいの?」といった感じで、自身の悩みや問題を語り合いました。私からは、その関係をどう考えたらいいのか?困ったときにどのようにアプローチしたらいいのか?といったことをお話ししたり、いろんな質問をさせていただいたり。内容は交流会というよりはグループカウンセリングに近いものだったように思います。

こしらえごとラボの交流会の参加者の方からは、このようなご感想をいただきました。

  • 家族だからこそ、お互いに気持ち良く長く付き合っていくために境界線が必要なんだなと思いました
  • これまでずっとモヤモヤしていたことが、解消されました!
  • はっきり言葉で相手に伝えられたら、あっという間に片付く問題が結構あることに気づきました。
  • 勝手に勘違いな思い込みをしていることもあるということに気づいた。
  • 自分の生き方を肯定してもらった気がして楽になった。
  • 過去の出来事を思い出してずっと自分責めていたけど、その自分を認められる気持ちがより強くなったような感じがします。

この対談&交流会の録画を見た後にすぐに行動に移せた方もいて、良かったなあ~と思いました。

子育てやパートナーシップの悩みをざっくばらんに話せる場所

子育てやパートナーシップの悩みって、なかなか友人や家族にざっくばらんに話せないことが多いもの。こんなこと言ったら否定されるんじゃないか?とか共感してもらえないのではないか?とか、かえって変なアドバイスをもらうのも嫌だなと思うと、話せる人も限られてきます。

でも悩んでいることであれば、本当はだれかに打ち明けるだけで、楽になるもの。話してみると、意外と他にも同じような悩みを抱えている人がいたり、ただ共感してもらえるだけで救われたりすることもあります。

今回の交流会がとても楽しくて実りも大きかったので、早速子育てやパートナーシップの悩みをざっくばらんに話せるグループセッションを、月に一回ぐらいのペースでやりたいなと思っています。

暗闇や嵐の中でも、ライトハウス(Lighthouse=灯台)の光は行くべき道しるべとなるべく、煌々と灯りをともしてくれています。その光が目指す道しるべにもなるし、安心できる。世界のどの方角にも光は放たれ、どの方角からもその光が見えてる。1人で辛い想いを抱えてる人がいたら、光の方へ進んで欲しいという願いを込めました。

まず今月は、私の『手間ひま』コミュニティー内でリクエストの多かった、パートナーシップのお悩みをテーマに開催しようと思います。

今回のテーマ:『パートナーシップのお悩みについて』

●日程:9月30日(水)日本時間16時半~18時 (変更)⇒10月9日(金)15時半~17時

●対象:パートナーとの人間関係にお悩みの方(限定8名)

●場所:オンライン(録画なし)

●料金:4500円のところを初回半額(クーポンコード:hangaku)

●参加方法:お申し込み後、メールにてお知らせします。参加ご希望の方は、こちらからお申し込みください。

【前回参加した方のご感想】

前回のテーマ:人間関係のバウンダリー(境界線)について

  • 家族だからこそ、お互いに気持ち良く長く付き合っていくために境界線が必要なんだなと思いました
  • これまでずっとモヤモヤしていたことが、解消されました!
  • はっきり言葉で相手に伝えられたら、あっという間に片付く問題が結構あることに気づきました。
  • 勝手に勘違いな思い込みをしていることもあるということに気づいた。
  • 自分の生き方を肯定してもらった気がして楽になった。
  • 過去の出来事を思い出してずっと自分責めていたけど、その自分を認められる気持ちがより強くなったような感じがします。

『子どもの自己肯定感がUPするまほうの50フレーズ』ダウンロード

心理カウンセラーが厳選した「子どもの自己肯定感をUPするまほうの50フレーズ」小冊子を無料プレゼント中

メールアドレスにダウンロードリンクをお送りします。解除も簡単にできますのでお気軽にどうぞ Powered by ConvertKit
ライトハウスサークル

ABOUTこの記事をかいた人

マレーシア在住 心理カウンセラー・アロマクラフト講師。海外在住歴20年以上の経験から海外在住者ならではのお悩みや、国際結婚をした女性を対象としたカウンセリングを得意とする。子育てや夫婦関係の悩み、親子関係のトラウマなどを感情から開放するセラピーをオンラインにて提供中。