子どもの気持ちを否定しないほうがいい理由

子どもを怒った後に「私の事が嫌いだからママは怒ってる」と言われたことはありますか?もしそういわれたら、どう答えますか?

おそらく、「そんなことないよ。あなたを嫌いだったら、毎日ご飯作ったり、学校まで送り迎えなんてしないわよ!」なんて、言い返したりするのではないかと思います。しかし、このような返答は一見論理的なように聞こえて、実はメリットよりデメリットの方が多いのです。

今回は子どもの気持ちを否定することのデメリットと、このように言われたときにどう返したらいいのか?についてお伝えしています。

お勧めの記事

自己肯定感とは? その意味と家庭での高め方

劣等感を克服する方法

敏感すぎて疲れる「繊細さん(HSP気質)」

【プレゼント】子どもの自己肯定感を高める魔法の言葉50選

『子どもの自己肯定感がUPするまほうの50フレーズ』ダウンロード

心理カウンセラーが厳選した「子どもの自己肯定感をUPするまほうの50フレーズ」小冊子を無料プレゼント中

メールアドレスにダウンロードリンクをお送りします。解除も簡単にできますのでお気軽にどうぞ Powered by ConvertKit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マレーシア在住 心理カウンセラー・アロマクラフト講師。海外在住歴20年以上の経験から海外在住者ならではのお悩みや、国際結婚をした女性を対象としたカウンセリングを得意とする。子育てや夫婦関係の悩み、親子関係のトラウマなどを感情から開放するセラピーをオンラインにて提供中。