劣等感を克服する方法

劣等感を克服する方法

人は人生の中で、必ず一度は劣等感を抱いたことがあると思います。それをずっと抱え続けている人もいれば、努力して克服した人、いつのまにか劣等感がなくなった人など様々ではないでしょうか?今回は、劣等感とはどんなもので、劣等感を克服するにはどうしたらいいのか?そういったことをお話ししたいと思います。

劣等感とは

劣等感とは、「自分が人より劣っている」という感情です。英語ではインフェリオリティコンプレックスなどと呼ばれますが、日本語では単にコンプレックスと言われることが多いです。

心理学者のアルフレッド・アドラーは、人々が現状に対して持っているある種の欠乏感を劣等感と呼びました。しかし、それは今一般に捉えられているような、「私はできない」といった引け目の感情ではなく、自分の人生をよりよくするための動機や原動力のようなものだと捉えています。

今の社会において、劣等感はマイナスなものととらえられがちですが、アドラーに言わせるとそれは「もっと上手になりたい」「もっと上に行きたい」という気持ちの裏返しであり、その気持ちをバネにすることで、人は成長していけるのです。

今回は、そんな劣等感の克服方法について、私が長年抱えてきた劣等感も交えながらお話ししたいと思います。では、Masakoのセルフラブポッドキャスト「EP.6 劣等感を克服する方法」をお聞きください。

人と比べると自分が劣っていると感じることに目が行きがちですが、結局私たちは他人にはなれないのですよね。できない部分を何らかの方法で埋めたり隠したりするのではなく、視点を変えてみること。これが必要だと思います。

自分の人生をもっと豊かにしたい人のためのおすすめ記事

新しい行動を習慣化にするために必要な3つの要素

目標を達成できない人の3つのいいわけとその対策

『子どもの自己肯定感がUPするまほうの50フレーズ』ダウンロード

心理カウンセラーが厳選した「子どもの自己肯定感をUPするまほうの50フレーズ」小冊子を無料プレゼント中

メールアドレスにダウンロードリンクをお送りします。解除も簡単にできますのでお気軽にどうぞ Powered by ConvertKit

ABOUTこの記事をかいた人

マレーシア在住 心理カウンセラー・アロマクラフト講師。海外在住歴20年以上の経験から海外在住者ならではのお悩みや、国際結婚をした女性を対象としたカウンセリングを得意とする。子育てや夫婦関係の悩み、親子関係のトラウマなどを感情から開放するセラピーをオンラインにて提供中。