甘やかすことと愛することの違い

子育てをしていれば、自分が子どもを愛で満たしたくてしていることでも、実は甘やかしているだけじゃないか?と思って迷うこともあると思います。子どもに「してあげる」ばかりでは、ダメになってしまわないだろうか?時には、我慢も教えないといけないのではないか?と厳しくすることもあるかもしれません。おそらく親であればだれもが、愛を表現したいけど、甘やかしたくはない。そう感じているのではないかと思います。

「甘やかす」と「愛する」の線引きを明確にするのは難しいのですが、今回は、私なりに考えた「甘やかす」と「愛する」の違いをお話ししたいと思います。何かの参考になれば嬉しいです。

おすすめの記事

兄弟げんかを仲裁する方法

イヤイヤ期の子どもの脳のメカニズムと上手な付き合い方

「子育てちゃんとしなきゃ」の落とし穴

『子どもの自己肯定感がUPするまほうの50フレーズ』ダウンロード

心理カウンセラーが厳選した「子どもの自己肯定感をUPするまほうの50フレーズ」小冊子を無料プレゼント中

メールアドレスにダウンロードリンクをお送りします。解除も簡単にできますのでお気軽にどうぞ Powered by ConvertKit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マレーシア在住 心理カウンセラー・アロマクラフト講師。海外在住歴20年以上の経験から海外在住者ならではのお悩みや、国際結婚をした女性を対象としたカウンセリングを得意とする。子育てや夫婦関係の悩み、親子関係のトラウマなどを感情から開放するセラピーをオンラインにて提供中。